佐野勝男記念キャリアダイナミックス研究所(SCDI)

文章完成法テストSCT

佐野勝男記念キャリアダイナミックス研究所(SCDI)は、 文章完成法テスト(精研式SCT)の普及・判定受託・講座開講・研究などを中心に活動している任意団体です。 2017年4月に、東京国際・キャリアダイナミックスより名称変更致しました。

ホーム 組織概要 文章完成法テスト(SCT) SCTの導入・利用 お知らせ・SCTセミナー案内
UP  “2019年度基礎コース(および入門コース)日程”を追加いたしました。
お問合せ
精研式文章完成法テストは、その人らしさを生のまま感じとれます。
精研式文章完成法テスト(SCT)は「子供の頃、私は・・」のような書きかけの文の後に言葉を続けて文章を完成させてもらう心理テストです。 開発者の一人である佐野勝男(慶応義塾大学名誉教授)は、その人らしさを肌で感じ取る"紙上インタビュー"と表現しております。 最近は、本来の医療・カウンセリング場面だけでなく、産業界・教育界などの多様な場面に利用範囲が拡大しております。
そこに映し出された記入者のパーソナリティを理解しようとする投影法の一つで、ロールシャッハテストなど他の投影法ほど深い部分は見えませんが、実施の容易さから、心理検査使用の必須条件であるテストバッテリーの組みやすさが強みです。 パーソナリティ全体を一つのまとまり(ゲシュタルト)として把握できるところが、特性毎に測定・再構成して、分析的に把握する他の多くの心理テストとは異なる特徴と言えます。 その例として、採用時の適性検査・面接参考資料、昇進昇格時のアセスメント・ツール、キャリア指導のデータ、学校での進路指導の参考資料としてなど多くの場面で利用されております。
SCDIについて SCTについて SCTの導入・利用について お知らせ・SCTセミナー案内

佐野勝男記念キャリアダイナミックス研究所 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-7-13 小沢ビル1階

Valid XHTML 1.0 Transitional

キーワード:文章完成法テスト,SCT,刺激文,適性検査,心理検査,採用,面接,担当者,精研式,SCDI,投影法,心理テスト,
パーソナリティー,セミナー,講座,判定,研修,養成,人材開発,入社,試験,選抜,解釈,採用試験