佐野勝男記念キャリアダイナミックス研究所(SCDI)

文章完成法テストSCT

佐野勝男記念キャリアダイナミックス研究所(SCDI)は、 文章完成法テスト(精研式SCT)の普及・判定受託・講座開講・研究などを中心に活動している任意団体です。 2017年4月に、東京国際・キャリアダイナミックスより名称変更致しました。

ホーム 組織概要 文章完成法テスト(SCT) SCTの導入・利用 お知らせ・SCTセミナー案内

佐野勝男記念キャリアダイナミックス研究所(SCDI)について


設立
1992年7月設立。
1985年5月、精研式SCTの創案者である佐野勝男慶応義塾大学教授(当時)と槇田仁慶応義塾大学教授(当時)の両教授を中心として発足したSCT研究会が母体となっており、1992年7月、SCTとそれに関する著書の発行元である金子書房の援助と、東京国際大学国際交流研究所のインキュベーションの下に佐野勝男東京国際大学教授(当時)を所長として設立。その後、独立して現在の場所にオフィスを移転。
2017年4月、佐野勝男記念キャリアダイナミックス研究所(略称:SCDI)に名称変更。

活動内容
精研式SCTの普及と的確な利用促進を目的として
  •  *SCTセミナーの開催
  •  *SCT判定の受託
  •  *セミナー修了者を会員とした研究会の運営
  •  *SCTをツールとして使用した研究(学会発表)
  •  *SCT講師の派遣
などの活動を行っております。

設立者
故・佐野勝男(1923〜2013)

精研式SCTを始め、TAT、パーソナリティ・インベントリー、Dosefu-Testなどのテスト、慶應産研式モラールサーベイなどの開発を手掛ける。産業界に於ける人事制度やアセスメント分野の研究と活動が多い。慶応義塾大学教授・慶応義塾常任理事を経て、慶応義塾大学名誉教授。文学博士。
著書・共著:『精研式文章完成法テスト解説(成人用)』『精研式文章完成法テスト解説(小中学生用)』『文章完成法テスト事例集』『精研式パーソナリティ・インベントリー手引き』『慶應産研式モラールサーベイ』『新・管理能力の発見と評価』金子書房、『多面観察の発想』徳間書店、『性格の診断』大日本図書など。

役員
理事長 玉井寛 慶応義塾大学大学院修士課程修了
福島学院大学前学長
監事 日原一昭 佐野ゼミ
所長(理事) 三浦公一 慶応義塾大学大学院修士課程修了
副所長(理事) 澤田正康 筑波大学物理学研究科博士課程修了 理学博士
副所長(理事) 桜井裕子 お茶の水女子大学大学院博士課程単位取得退学
相模女子大学非常勤講師
理事 佐野朗子
理事 小川紘一 佐野ゼミ

その他、臨床心理士、応用心理士、キャリアカウンセラー、産業カウンセラー、スクールカウンセラー、研修会社経営者、DNA研究者、教師など多様なメンバーが運営・活動に参加しており、心理学だけでなく多角的な視点から"人間"を理解しようとしているのが本団体の特徴です。

名称変更について
慶應時代の佐野ゼミにおいては、アレキシス カレル(1912年ノーベル生理学・医学賞)著『人間 この未知なるもの』が必須図書でした。20歳前後の門外漢の若造には理解不能の内容でしたが、複雑な人間の一部分を見ただけで、分かったつもりになってはいけないということはうっすらと感じたことを覚えております。  
「“人間とは分からないもの”が前提。部分を見ただけで分かったつもりになるな」「柔らかく、いろいろな視点で考えろ」というのが佐野先生の口癖でした。我々は、その考えを大切にし、多様な領域の人材の協力により、特に先生の強みであったビジネス分野を対象として活動しております。
この度、設立25周年を機に、改めて、佐野先生の考えを原点とするとの思いで、名称を変更いたしました。


アクセス


大きな地図で見る
東京メトロ副都心線
 北参道駅出口1 徒歩1分

JR山手線・総武線
  代々木駅西口 徒歩5分

都営大江戸線
 代々木駅A2 徒歩5分

JR総武線
 千駄ヶ谷駅 徒歩7分


お問合せ先

佐野勝男記念キャリアダイナミックス研究所

郵便番号 151-0051
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷4−7−13 小沢ビル1階
電話 03-3479-0360 (受付時間 火・水・金 13:00〜17:00)
ファックス 03-3479-0360
メールアドレス information@tcd.gr.jp
ホームページアドレス http://www.tcd.gr.jp/



設立
活動内容
 セミナー開催
 判定受託など
所属メンバー
アクセス
お問合せ先
ページ上部へ

佐野勝男記念キャリアダイナミックス研究所 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-7-13 小沢ビル1階